花蓮・新品種紹介
 
 2017.01.27 更新
 
 
    日本で、30数年なかった黄色の花の紹介です。
 
 
             明美 めいび  アメリカキバナハス・自然交配種子より
                     1997年育成品種
 
 
 
 
 
   明美・品種名の由来
 
 
   1960年、米国デンバァー在中の小川一郎氏が訪米中の皇太子ご夫妻の特別機に依頼し、
   日本に寄贈された時の品種名が、王子蓮で、バァージニヤ産とは品種的に異なるよう
   です。舞妃蓮、紅舞妃蓮には本種の血が入っています。
 
   その後、王子蓮は途絶え、1997年1月30日・アメリカ在住、故小川氏より三浦功大氏
   を通して種子が届き、1997年9月5日に黄色の花を30数年ぶりに、蓮蹊香園で咲かせ
   ました。
   花の写真を、小川一郎氏に送り品種名を、付けていただくようにお願いしましたとこ
   ろ、今の天皇陛下と美智子皇后のお名前の頭文字を取って、品種名を付けるようにと、
   要請があり、 三浦功大氏と相談のうえ、明美(めいび)と品種名を付けました。
 
 
   現在、明美との交配、また、自然交配で出来ている品種です。
 
       清光黄    ♂明美×♀瑞光     (淡黄一重)  1998年育成
       淡黄光    ♂明美×♀瑞光      (淡黄一重)  1998年育成
       明美紅    ♂紅映朱簾×♀明美   (紅一重)   1998年育成
       入り江の曙  ♂明美×♀入江茶碗爪紅 (紅一重)   1999年育成
       黄鷺     ♂明美×♀白万々    (淡黄一重)  1999年育成
       秀粋     ♀明美 Self交配     (黄一重)   1999年育成
       嫋妓     ♂明美×♀青菱紅蓮   (紅一重)   1999年育成
       筑峰     ♂明美×♀白万々    (淡黄一重)  1999年育成
        平安香    ♂明美×♀白万々     (白一重)   1999年育成
       白光黄    ♂明美×♀白光蓮    (淡黄一重)  1999年育成
       紅皇女    ♂明美×♀皇居和蓮   (紅一重)   1999年育成
       蓉麗     ♂明美×♀毎葉蓮    (爪紅一重)  1999年育成
       旭天     ♂明美×♀明美紅    (黄一重)   2000年育成
       瑞蹊     ♂明美×♀白万々    (淡黄一重)  2000年育成
       石泉華    ♂明美×♀白万々    (淡黄一重)  2000年育成
       胡姫     ♂明美×♀淡麗     (桃一重)   2001年育成
       慈白     ♂明美×♀万亀楼    (白八重)   2001年育成
       常陸銘月   ♂香取氏7×♀明美   (淡黄一重)  2001年育成
       無邊光    ♂明美×♀淡麗     (桃一重)   2001年育成
       明粋     ♂明美×♀香取氏6   (淡黄一重)  2001年育成
       妖美     ♂明美×♀香取氏6   (淡黄白八重) 2001年育成
       飛翔      明美・自然交配    (白一重)   2003年育成
       瑠璃光白    明美・自然交配    (白一重)   2003年育成
       黄琳1号     明美・自然交配     (黄一重)   2003年育成
       黄琳2号     明美・自然交配     (黄一重)   2003年育成
       黄琳3号     明美・自然交配     (黄一重)   2003年育成
       黄琳4号     明美・自然交配     (黄一重)   2003年育成
       黄琳5号     明美・自然交配     (黄一重)   2003年育成
       白音       明美・自然交配     (淡黄一重)  2003年育成
       久遠     ♂艶陽天×♀明美    (桃一重)   2005年育成
       瑞雲     ♂艶陽天×♀明美    (桃一重)   2005年育成
       琉美1     ♂明美×♀ヴァージニア (黄一重)   2011年育成
       琉美2     ♂明美×♀ヴァージニア (黄一重)   2011年育成
       琉美3     ♂明美×♀ヴァージニア (黄一重)   2011年育成
       琉美9     ♂明美×♀ヴァージニア (黄一重)   2011年育成
 
 
   以上の35品種が出来ております。
 
 
 
  その他に、香取正人氏が、キバナバスを使い交配し、蓮蹊香園で育成した品種です。
 
       西施   ♂キバナバス×♀広昌蓮   (淡桃八重)  1999年育成
       月虹   ♂千百万×♀キバナバス   (黄一重)   2000年育成
       月露   ♂キバナバス×♀友誼牡丹  (淡黄一重)  2000年育成
       香華   ♂キバナバス×♀銀紅千葉  (桃八重)   2000年育成
       香月   ♂じょう県碧蓮×♀キバナバス(黄一重)   2000年育成
       香露   ♂キバナバス×♀白麗    (淡黄一重)  2000年育成
       静香白  ♂キバナバス×♀粉楼台   (白八重)   2000年育成
       翠華   ♂キバナバス×♀大洒錦   (淡黄一重)  2000年育成
       瑞照   ♂キバナバス×♀白麗    (淡黄一重)  2000年育成
       清香   ♂キバナバス×♀粉楼台   (淡紅黄八重) 2000年育成
       亭亭香  ♂キバナバス×♀友誼牡丹  (白一重)   2000年育成
 
 
 
   これからは、黄色の花蓮を日本で途絶えることのないよう栽培技術を確立し、また、
   いろいろな花と交配をして新しい品種を作り次の時代に残したいと思います。
 
 
 
   蓮蹊香園 黄花の育成品種
 
 
           明美(アメリカキバナハス)種子より   1998年育成
 
 
 
 
           明美(アメリカキバナハス)種子より   1999年育成
 
 
 
 
           秀粋 しゅうすい  ♀明美 Self交配
                      1999年育成(命名者 蓮蹊香園)
 
 
 
 
           明美18年 No.1 (アメリカキバナハス)種子より  2006年育成
 
 
 
 
           明美18年 No.2 (アメリカキバナハス)種子より  2006年育成
 
 
 
 
           明美18年 No.3 (アメリカキバナハス)種子より  2006年育成
 
 
 
 
           明美18年 No.4 (アメリカキバナハス)種子より  2006年育成
 
 
 
 
           明美18年 No.5 (アメリカキバナハス)種子より  2006年育成
 
 
 
 
 
 
  蓮蹊香園で作出した花蓮が、農林水産省に品種登録されています。
 
 
  花ハス新品種
 
  平成14年9月30日 登録
 
     明美紅    (めいびこう)     登録番号 第10633号
     天慈     (てんじ)       登録番号 第10634号
 
 
  平成15年3月17日 登録
 
     淡麗     (たんれい)      登録番号 第11109号
     黄鷺     (きさぎ)       登録番号 第11110号
     滝之飛沫   (たきのしぶき)    登録番号 第11111号
     花雲淡紅   (かうんたんべに)   登録番号 第11112号
     常陸の曙   (ひたちのあけぼの)  登録番号 第11113号
     天照爪紅   (てんしょうつまべに) 登録番号 第11114号
 
 
  平成15年3月26日  登録
 
     丈炎之舞   (じょうえんのまい)  登録番号 第11248号
     淡粧     (たんしょう)     登録番号 第11249号
     麗蓉     (れいよう)      登録番号 第11250号
     玉鸞     (ぎょくらん)     登録番号 第11251号
 
 
  平成16年3月15日  登録
 
     華燭紅    (かしょくこう)    登録番号 第11957号
     紅富士    (べにふじ)      登録番号 第11958号
     朱雀の舞姫  (すざくのまいひめ)  登録番号 第11959号
     紅媚円舞   (こうけんえんぶ)   登録番号 第11960号
     彩雲華    (さいうんか)     登録番号 第11961号
 
 
  交配者 香取正人氏   育成者 榎本輝彦(蓮蹊香園 園主)
  共同出願
     西施(香輝) (せいし)       登録番号 第11962号
 
 
   平成17年2月7日  登録
 
     淡黄光    (たんきこう)     登録番号 第12715号
     瑞姫     (みずひめ)       登録番号 第12716号
     絢爛華    (けんらんか)     登録番号 第12717号
     妙法寺    (みょうほうじ)    登録番号 第12718号
     朝香     (あさか)        登録番号 第12719号
 
 
  育成者 香取正人氏
  個人出願
     翠帳紅閨   (すいちょうこうけい) 登録番号 第12713号
 
  交配者 香取正人氏   育成者 榎本輝彦(蓮蹊香園 園主)
  共同出願
     翠華     (すいか)       登録番号 第12714号
 
 
   平成17年12月7日  登録
 
  交配者 冨永 整氏   育成者 榎本輝彦(蓮蹊香園 園主)
  共同出願
     富の宝    (とみのたから)    登録番号 第13536号
 
 
  平成19年1月22日  登録
 
     魁秀     (かいしゅう)     登録番号 第14684号
     虹翼     (こうよく)      登録番号 第14685号
     彩の匠    (さいのたくみ)    登録番号 第14686号
     常楽     (じょうらく)     登録番号 第14687号
     妙光     (みょうこう)     登録番号 第14688号
     紅之輝    (べにのかがやき)   登録番号 第14689号
 
 
  平成20年3月5日  登録
 
     月彩     (がっさい)      登録番号 第16159号
 
 
  平成23年11月1日  登録
 
     雲之霞    (くものかすみ)    登録番号 第21216号
     玉葉黄    (ぎょくようき)    登録番号 第21217号
 
 
  平成25年12月16日  登録
 
     清雅花鈿   (せいがかでん)    登録番号 第22888号
     白虹     (はくこう)      登録番号 第22889号
     和華     (わか)        登録番号 第22890号
     和顔清浄   (わがんせいじょう)  登録番号 第22891号
 
 
 
 
 
 交配・自然交配種子から育成をした花蓮新品種のご紹介です。
 
 2002〜2016年に栽培していた、デジカメ撮影の写真のある品種を記載しました。
 
 蓮蹊香園育成品種
 
 
            交配種
 
   上記項目からご覧になりたい花蓮の写真の名前の頭文字を選択してください。
 
 
 
 
 
            自然交配種
 
   上記項目からご覧になりたい花蓮の写真の名前の頭文字を選択してください。
 
 
 
 
 
            新品種 品種名なし
  新品種 品種名なし
 
 
 
 
 
 
   全画像の著作権は『蓮蹊香園』及び資料提供者に帰属します。
 
 
 
 
 
TOPに戻る